知っておきたいアイテム・演出の意味♡

知っておきたいアイテム・演出の意味♡

 

結婚式は 人生で一度きりの特別な行事♡

その演出の一つ一つにも素敵な意味が込められているのを知っていましたか?

今回は結婚式の演出に込められた素敵な意味を知って、結婚式をより感動的なものにしましょう!

 

1 ブーケ♡

結婚式ではおなじみのブーケ。

ブーケ(bouquet)とは、もともとフランス語で 花束全般を意味する言葉。男性が花を摘みながら女性へと向かい、出来上がった花束を差し出してプロポーズしたその花束が結婚式のブーケの由来だとか。

また、12本の薔薇をゲストから新郎が集め一つの花束にして新婦に送る「ダズンローズ」。12本の花にはそれぞれ感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠の意味を持ちます。

 

2 ベール♡

新婦が頭からかぶるレース素材のベール。これには魔よけの意味があり、花嫁を邪悪なものから守るためのもの。母からのベールダウンは、大切に育ててきた娘を送り出す最後のお仕度として、そして「これからもずっと幸せでありますように」との願いが込められています!

その後挙式の際に新郎がベールをたくしあげてキス。ここには、府有野壁を取り払うという意味があるそうです

 

3 バージンロード♡

花嫁のこれまでの歩んできた道を表すバージンロード チャペルの扉は、花嫁がこの世に誕生したことを意味します。そのごバージンロードを大切な人たちに見守られ進み、父親から新郎へとバトンタッチされ、花嫁は新たな道へと進みます!

 

4 ファーストバイト ラストバイト♡

披露宴の定番である演出ファーストバイト。新郎印譜がお互いにウェディングケーキを食べさせあうという演出。新郎から新婦への一口は「一生食べるものに困らせないからね」、新婦から新郎への一口は「一生おいしいごはんを作ってあげる」という意味が込められているみたいです。

また最近は、ファーストバイトの前に、それぞれのお母さんから新郎新婦に食べさせてあげる「ラストバイト」があります。これはずっと料理を作ってくれたお母さんから「食べさせてあげるのは今日で最後。これからは2人でちゃんと食べて行ってね。」と言う意味が込められているそう。これからの幸せな生活を願う素敵な演出なんです。

 

 

いかがでしたか?

結婚式には沢山の意味が込められています♡

意味がわかれば、結婚式の準備ももっと頑張ろうと思えるはず!

ひとつひとつのアイテムや演出の意味を考えながら素敵な結婚式の準備を進めてくださいね♡

 

hapinaは結婚式準備を頑張る花嫁さんを応援します♡

 

演出カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。